憧れのユニットバスをリフォームで☆

憧れのユニットバスをリフォームで☆

リフォームでユニットバスを設置する場合。

住宅リフォームの際に、ユニットバスの設置を考えられるお宅も多いかと思います。セパレート式のバスと比較して、長所と短所の両方がありますので、まずは十分な比較検討が必要であると考えられます。先に長所から挙げていきますが、何といってもユニットバスは設置スペースが少ないため、空いた空間を他に有効利用できる点が特色です。特に生活空間の限られた物権(アパートなど)では、必須ともいえる形態であると断言できます。また、湯沸しや追い炊きの機能がない場合も多いですが、逆にシャワーのみしか使わない方には十分であるとも言えます。冬場以外にはそうそう湯船に浸かる事もないと思いますので、特に単身者などにはお勧めできるバス形態ではないかと考えられます。
逆に短所を挙げますと、リフォーム時にユニットバスを設置する事でスペースが確保できる反面、換気には重大な問題を抱える事が多いです。換気扇や窓だけでは不十分である場合が多く、ひどい時には24時間換気をする必要がある事も珍しくありません。私自身アパートやマンション暮らしが長かったのですが、この換気問題には常に悩まされてきました。カビが大量発生したり、トイレが水浸しになったりと、換気との闘いであったといっても過言ではないくらいです。先述したように湯沸しや追い炊きの機能がない場合も多いため、湯船に浸かりたい方にはお勧めできません。あくまでも単身者を最優先に考えた設計である事を、先に頭に入れておく必要があります。こうした長所や短所をよく勘案して、最適な環境を手に入れたいものですね。
Copyright (C)2017憧れのユニットバスをリフォームで☆.All rights reserved.